歯科の麻酔の種類とは

歯科の麻酔薬の種類はいくつか

歯科で使われる麻酔の種類

歯科では抜歯や虫歯治療など直接口腔内を処置することもあり、中には疼痛が伴うものもあります。そのため麻酔を使って苦痛・負担の軽減を図ることもあります。歯科使用されるものには様々な種類があります。例としては注射器で直接歯茎に注射するものもあれば、軟膏の様に塗布するものもあります。しかしあまりに恐怖心や疼痛が強く施術自体が困難な時は全身麻酔を使うということもあります。そのためそのケースごとにどのタイプのものを使うかを選択することも大切です。また使った後は効果が切れるまで時間もある為、その間の対応の説明も求められます。

歯科医が用いる麻酔の使い分け

歯科治療と麻酔薬の使用は切っても切れない関係にあります。抜歯をするとき、歯茎を切開するとき、様々な場面で用いられます。歯科で使う麻酔はいくつかの種類にわけられており、それぞれに役割があり、それに伴い使い分けがなされています。一般的な例として、歯茎表面に塗ることで注射針を指すときの痛みを軽減するもの、細い針を使って歯茎に直接注入することで抜歯の痛みや切開の痛みを軽減するもの、下顎の奥歯に使用するし脳からの神経に直接作用させ親知らずを抜くときに用いるもの。こういった種類をそれぞれの用途で使い分けていくわけです。

歯科での情報麻酔の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科の麻酔薬の種類はいくつか All rights reserved